銀行で即日2万借りる方法はある?

銀行で即日2万借りる方法はある?

振込を利用した銀行の即日融資

銀行などの金融機関の融資は審査が厳しいという意見が見られますが、金融機関のカードローンならば条件が割と難しくない傾向が強くなっているため、さほど心配することはありません。住宅ローンのような高額融資とは違い、2万借りる程度であれば、割とすんなりと審査に通る可能性が高くなります。たったの2万でも即日融資に対応している金融機関のカードローンは大変多いですから、探すのは簡単です。店舗の窓口へわざわざ出向かなくても、ネットで申し込みを完了できるカードローンが豊富です。気軽に申し込んでみましょう。収入が少なめのアルバイトやパート、契約社員であっても、2万を借りる難易度は低くなっています。

専業主婦や年金生活者でも、余裕で2万くらいなら借りることができるチャンスがあります。申込方法ですが、まず利用したいカードローンを提供している金融機関のサイトを訪れましょう。申し込みの専用フォームが用意されていますので、必要事項を入力して送信するだけで、手続きが完了します。その際には、本人確認書類の提出方法と、カードの発行と借入れタイミングを事前に確認しておきます。この部分のチェックを怠ると、申し込んだその日のうちに2万を借りることができない事態になるからです。本人確認書類の提出がアップロードするタイプ、もしくはファックスで送信するタイプのカードローンを選んでください。

この方法であれば、直ちに本人確認書類の提出が完了するからです。郵送のみの方法だと、金融機関に到着するまで日数がかかってしまいます。ほとんどの金融機関のカードローンが、後日カードを自宅まで郵送するシステムを採用しています。カードを受け取ってから融資を開始するパターンだと、その日のうちに2万を借りることなど不可能です。カードが自宅に到着する前の段階でも、振込融資に対応する金融機関のカードローンを選択すれば、この問題が解決します。

振込による融資の場合だと、平日の15時で振込の取り扱い時間が終了してしまいます。その日に2万円を借りる方法は、平日の午前中に申し込みを完了させることをおすすめします。金融機関が申し込み時間を指定しているケースが見られますので、その案内に従えば、より確実性が高まります。サイトから申込受付があっても、本契約は窓口で行うカードローンが存在します。この場合には、すぐ近くに店舗がある金融機関のみに申し込みを限定するのがコツになります。

 

自動契約機が使えるカードローンが狙い目

振込でその日のうちに借りられる金融機関が多いため、銀行における2万の即日融資は難易度が低いといえます。しかし、振込融資は時間帯や営業日に縛りがあるため、やや使い勝手が悪い部分を持ちます。借りた2万を現金にするにも、キャッシュカードを使ってATMから引き出す必要があり、手続きに手間がかかってしまうのが面倒です。よりスムーズに、営業時間に縛られにくい融資を望むのであれば、自動契約機を利用できる金融機関で申し込みましょう。自動契約機ならば簡単操作で手続きを済ませることができ、カードをすぐに受け取れます。金融機関の営業時間外でも稼働していますので、15時以降の来店や、土日祝日であっても気軽に利用できるのが便利です。ネット申し込みが苦手な人でも、安心して申し込みが完了します。

ネックとなるのが、カードローンの自動契約機を用意している金融機関が少ない事実です。しかし、3大メガバンクのうちの2つが独自の自動契約機を持っていることから、全国に多数ある該当店舗で利用できるチャンスがあります。そのうちの1つは大手消費者金融の自動契約機でも申し込めるメリットを持っています。この大手消費者金融の自動契約機であれば、全国に大変多くの店舗を構えていますので、利用の難易度が低くなります。3大メガバンクには入りませんが、有名な金融機関でも独自の自動契約機を全国にたくさん設置しています。過去に存在した有名な消費者金融の会社名をそのままブランド名として採用していますので、ある程度の年齢以上の人であれば、この金融機関の自動契約機がある店舗名を探すのは簡単だといえます。

自動契約機を使えば、その場で申し込みから審査、契約にカード発行まで可能です。カードが郵送されるまで待たずに済みますから、カード発行まで振込融資が利用できないタイプのカードローンより使い勝手がよいといえます。カードが発行されたなら、そのカードローンを提供する金融機関のATMや提携先金融機関、コンビニやスーパーに設置のATMから直ちに2万を現金で借りることが可能です。

ただし、自動契約機を使ったとしても、在籍確認などの審査に時間がかかる場合があり、その日のうちにお金を借りられないケースがあることを覚えておく必要があります。今すぐ2万を手に入れるためにも、余裕をもって早めに申し込み手続きをしておきましょう。一度カードを作れば、後は好きなときに自由に借りられるようになります。